イベント情報

国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ【東京国立博物館】
2021年6月22日(火)~9月12日(日)

かつて大神寺にあった国宝 十一面観音菩薩立像(聖林寺蔵)、国宝 地蔵菩薩立像(法隆寺蔵)などの仏像と、仏教伝来以前の日本の自然信仰を示す三輪山禁足地の出土品などを展示します。国宝 十一面観音菩薩立像が奈良県から出るのは初めてのことです。その比類ない美しさを上野でご鑑賞いただけるチャンスです。

開催日時:2021年6月22日(火)~2021年9月12日(日)
※休館日 月曜日
(※ただし、8月9日(振休)は開館)
09:30~17:00
(会期中の金曜・土曜は21:00まで開催)
場 所:東京国立博物館 表慶館(上野公園)
料 金:
一 般 1,500円
大学生 800円
高校生 500円
*中学生以下及び障がい者とその介護者1名は無料。ただし「日時指定券」の予約が必要です。入館の際に学生証、障がい者手帳等をご提示ください。

★★事前予約制(日時指定券)の導入★★
混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたって、すべてのお客様は日時指定券の予約が必要です。詳細は展覧会公式サイトでご確認ください。

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

第34回 日本の自然を描く展【上野の森美術館】
2021年8月4日(水)〜2021年8月23日(月)

日本の自然を描く展 受賞作品決定!
「第34回日本の自然を描く展」審査会が行われ、受賞作品が決定しました。
今年の応募数は2,619点、そのうち入選作品は1,859点、課題部門の冠賞は9点、自由部門の冠賞は8点という結果となりました。
上野の森美術館での展示は、8月4日(水)〜8月23日(月)に、4期に分けて開催いたします。
詳細は展覧会概要をご覧ください。

開催日時:2021年8月4日(水)〜2021年8月23日(月)
※休館日 月曜日
(※ただし、8月8日、13日、18日、23日は15:00閉館)
10:00~17:00
場 所:上野の森美術館
料 金:
一 般 500円
大・高校生 300円

※会期、休館日等については、以下の「詳しい情報へ」をクリックして【上野の森美術館】ホームページにてご確認ください。

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

特別展 イサム・ノグチ 発見の道【東京都美術館】
2021年4月24日(土)~2021年8月29日(日)

日本人を父に、米国人を母に生まれたイサム・ノグチ(1904-1988)は、東西の間でアイデンティティの葛藤に苦しみながら、独自の彫刻哲学を打ち立てた20世紀を代表するアーティストです。
20代で彫刻家コンスタンティン・ブランクーシと出会い、そのヴィジョンに決定的な影響を受けたノグチは、自然と通底する抽象のフォルムが生み出す世界を、生涯を掛けて追い求めました。ノグチは戦争によって、両親の祖国が互いに敵国になるという痛恨事を経験しており、平和への強い願いを込めた作品も残しています。
本展はノグチの日本文化への深い洞察や、その今日的な意味を明らかにし、彼の彫刻芸術の核心に触れる機会提供してくれます。

2021年4月24日(土)~2021年8月29日(日)
※休館日 月曜日
(※ただし、7月26日(月)、8月2日(月)、8月9日(月・休)は開室)
09:30~17:30
場 所:東京都美術館・企画展示室
料 金:
一般 1,900円
大学生・専門学校生 1,300円
65歳以上 1,100円

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

全館休館【国立西洋美術館】
2020年10月19日(月)〜2022年春(予定)

国立西洋美術館は、2020年10月19日(月)から2022年春(予定)にかけて、館内施設整備のため、全館を休館いたします。
全館休館期間中は、ミュージアムショップやカフェ「すいれん」を含め、館内施設はご利用いただけません。

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 
下町風俗資料館

古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みを再現するとともに、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、さらに季節やそれに応じた年中行事に関連するものなど、さまざまな資料を展示しています。

こども土曜塾
第4土曜日 午前の部・10:30~11:30

午後の部・14:00~15:00
※初めて参加する人は、開始時間10分前に来館してください。

街頭紙芝居実演
第1日曜日 13:00~/14:00~/15:00~ 3回実施
スズキスズさん、みはしとらさんによる街頭紙芝居の実演

 公式HP 
旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂は、旧東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)の校舎施設として明治23年に創建され、昭和62年に上野の山に移築・保存されました。
日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定されており、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがあります。
一般公開を行っているほか、コンサート等も開催しています。

 公式HP 

Translate »