イベント情報

国立西洋美術館開館60周年記念
松方コレクション展【国立西洋美術館・企画展示室】
2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い集めます。
開館60周年を記念した本展では、名高いゴッホ《アルルの寝室》や、2016年に発見されたモネの《睡蓮、柳の反映》など国内外に散逸した名品も含めた作品約160点や歴史資料とともに、時代の荒波に翻弄され続けた松方コレクションの百年に及ぶ航海の軌跡をたどります。

開催日時:2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)
09:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~21:00(入室は閉室の30分前まで)
場 所:国立西洋美術館・企画展示室
料 金:
一 般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:800円
※中学以下無料

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

「特別企画」奈良大和四寺のみほとけ【東京国立博物館・本館】
2019年6月18日(火)~2019年9月23日(月)

奈良県北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺は、いずれも7〜8世紀に創建された古刹で、きわめて魅力に富んだ仏像を伝えています。奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示します。

開催日時:2019年6月18日(火)~2019年9月23日(月)
09:30~17:00(会期中の金曜・土曜は21:00まで)
9月20日(金)、21日(土)は22:00まで開館
(入室は閉室の30分前まで)
休館日:月曜日、7月16日(火)、9月17日(火)
※7月15日(月・祝)、8月12日(月・祝)、
9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館
場 所:東京国立博物館・平成館
料 金:
一 般:620円
大学生:410円
※高校生、および18歳以下無料

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

「特別展」 クリムト展 ウィーンと日本 1900【東京都美術館・企画展示室】
2019年4月23日(火)~7月10日(水)

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)。華やかな装飾性と世紀末的な官能性をあわせもつその作品は、いまなお圧倒的な人気を誇ります。没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、日本では過去最多となる25点以上の油彩画を紹介します。

開催日時:2019年4月23日(火)~7月10日(水)
09:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
場 所:東京都美術館・企画展示室
料 金:
一 般:1,600円
大学生・専門学校生:1,300円
高校生:800円
65歳以上:1,000円
※中学以下無料

 詳しい情報へ 
下町風俗資料館

古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みを再現するとともに、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、さらに季節やそれに応じた年中行事に関連するものなど、さまざまな資料を展示しています。

こども土曜塾
第4土曜日 午前の部・10:30~11:30

※初めて参加する人は、開始時間10分前に来館してください。

街頭紙芝居実演
第1日曜日 13:00~/14:00~/15:00~
スズキスズ氏による街頭紙芝居の実演

 公式HP 
旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂は、旧東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)の校舎施設として明治23年に創建され、昭和62年に上野の山に移築・保存されました。
日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定されており、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがあります。
一般公開を行っているほか、コンサート等も開催しています。
平成30年11月2日(金)からリニューアルオープンしました。

 公式HP 

Translate »