イベント情報

南方熊楠生誕150周年記念企画展【国立科学博物館】
2017年12月19日(火)~2018年3月4日(日)

南方熊楠は、森羅万象を探求した「研究者」とされてきましたが、近年の研究では、むしろ広く資料を収集し、蓄積して提供しようとした「情報提供者」として評価されるようになってきました。本展覧会では、熊楠の活動のキーアイテムである日記・書簡・抜書(さまざまな文献からの筆写ノート)・菌類図譜を展示。“熊楠の頭の中をのぞく旅”に誘います。

【開催日程】017年12月19日(火)~2018年3月4日(日)
      毎週月曜日休館、ただし2月12日(月)は開館
      午前9時~午後5時(金曜日、土曜日は午後8時まで)
      ※入館は各閉館時刻の30分前まで
【開催場所】国立科学博物館(東京・上野公園)
      日本館1階 企画展示室
【料  金】常設展示入館料のみでご覧いただけます。
      一般・大学生:620円
      高校生以下および65歳以上:無料

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

特別展「古代アンデス文明展」【国立科学博物館】
2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)

「古代アンデス文明展」では、いくつもの文化が連なり、影響を与え合う中で育まれた神々の神話や儀礼、神殿やピラミッドをつくり上げる優れた技術、厳しくも多彩な自然環境に適応した独自の生活様式などを、約200点の選び抜かれた貴重な資料よって明らかにします。

【開催日程】2017年10月21日(土)~2018年2月18日(日)
      毎週月曜日休館、ただし2月12日(月)は開館
      午前9時~午後5時(金曜日、土曜日は午後8時まで)
      ※入場は各閉館時刻の30分前まで
      ※今後の諸事情により、開館日・時間等について変更する可能性がございます。
【開催場所】国立科学博物館(東京・上野公園)
【料  金】一般・大学生 1,600円(1,400円)
      小・中・高校生 600円(500円)※( )内は前売料金

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

台東アートギャラリー【台東区役所】

台東区では、多くの方が気軽に芸術にふれることができる場として、平成17年に「台東アートギャラリー」を区役所1階に設置しました。
このギャラリーでは、区が所蔵する絵画や造形作品を展示しています。
作品は随時、展示替えを行い、皆さんに楽しんでもらえるギャラリーを目指しています。
2018年2月9日(金)まで「敦煌莫高窟壁画」の模写作品を展示しています。

【開催場所】台東区役所 本庁舎1階(上野駅寄り)
【開催日程】午前8時30分から午後5時15分 月曜日から金曜日(水曜日を除く)
      水曜日は午前8時30分から午後7時
      毎月第2日曜日は午前9時から午後5時

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

湯島天神梅まつり【湯島天満宮】
2017年9月15日(土)~9月18日(月・祝)

湯島天神は、江戸時代より「梅の名所」として多くの庶民に親しまれて来ました。
昭和33年に開催された梅まつりも、今回で61回を迎えることになりました。氏子各町会をはじめ、関係諸団体のご支援を得て、毎年回を重ねるたびに盛大さを増し、期間中延べ40万人の賑わいとなり、初春の東京年中行事として、各TV局、各放送局の放映又、各新聞紙上を飾り、今では全国の風物詩となって定着しています。

【開催場所】湯島天満宮
【開催日程】2018年2月8日(木)~3月8日(木)
      8:00~19:30(入園無料)
【主な催し物】(土日祝日開催)
・神輿渡御 ・野点(お茶券600円) ・カラオケコンクール ・奉納演芸(湯島天神白梅太鼓、おはやし、日本舞踊、かっぽれ、三味線、
 講談、落語、ベリーダンス、その他) ・薩摩琵琶 ・生花展 ・物産展(石川県能登町、福島県、熊本県上天草市、東京都文京区)

 詳しい情報へ 
下町風俗資料館

古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みを再現するとともに、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、さらに季節やそれに応じた年中行事に関連するものなど、さまざまな資料を展示しています。

こども土曜塾
第4土曜日 午前の部・10:00~/午後の部・13:30~

作業時間は1時間30分から2時間です。
※初めて参加する人は、開始時間10分前に来館してください。

街頭紙芝居実演
第1日曜日 13:00~/14:00~/15:00~
スズキスズ氏による街頭紙芝居の実演

ひな人形の展示
2018年2月17日(土)~3月3日(土) 9:30分~17:30分(入館は17時まで)
1階商家内に段飾りのひな人形を展示します。

 公式HP 
旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂は、旧東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)の校舎施設として明治23年に創建され、昭和62年に上野の山に移築・保存されました。
日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定されており、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがあります。
一般公開を行っているほか、コンサート等も開催しています。
※保全修理工事のため休館中です。再開は2018年(平成30年秋)を予定しています。

 公式HP 

Translate »