イベント情報

日中国交正常化50周年記念「兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~」【上野の森美術館】
2022年11月22日(火)~ 2023年2月5日(日)

1974年に秦の始皇帝陵の兵馬俑坑が発見されてから、間もなく半世紀になります。日中国交正常化50周年の節目ともなる今年、約1年かけて全国3会場を巡回してきた本展覧会が、このたび上野の森美術館にて開幕します。本展では、秦の成立に至る春秋・戦国時代から漢時代の中心地域である関中(*1)の出土品を主として、日本初公開となる一級文物(*2)など約120点が来日。
映画『 劇場版キングダム 』 の中国史監修も務めた、鶴間和幸・学習院大学名誉教授を本展の監修に迎え、古代ローマやエジプトなどといった「西域」との関係性にもアプローチしながら、最新の研究成果をご覧いただくほか、会場内では実物大の兵馬俑の隊列を再現展示するなど、古代中国の歴史をダイナミックに紹介します。

開催日時:2022年11月22日(火)~ 2023年2月5日(日)
9:30~18:00
※入館は閉館30分前まで
※休館日 2022年12月31日(土)~2023年1月1日(日)
場 所:上野の森美術館
料 金(当日券):
一 般 2,100円
大・高校生 1,300円
小・中学生  900円
※未就学児は入場無料。
※小学生以下は、保護者同伴でのご入場をお願いします。

 詳しい情報へ 

[企画展]ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展【国立西洋美術館】
2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)

ベルクグリューン美術館はドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914-2007)の類い稀なる審美眼と情熱によって厳選された粒よりのコレクションを主力に、創造性と生命力に溢れた20世紀の巨匠たちの芸術を集約しています。ベルクグリューン美術館の主要作品がまとめて国外に貸し出されるのは開館以来今回が最初で、来日する作品97点のうち76点が日本初公開です。まだ見たことのないピカソ、35点が日本初公開されます。

開催日時:2022年10月8日(土)~2023年1月22日(日)
9:30~17:30
※毎週金・土曜日:9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
※休館日 月曜日、10月11日(火)、12月30日(金)-2023年1月1日(日)、1月10日(火)
(ただし、10月10日(月・祝)、2023年1月2日(月・休)、1月9日(月・祝)は開館)
場 所:国立西洋美術館 企画展示室
料 金(当日券):
一 般 2,100円
大・高校生 1,500円
小・中学生 1,100円
※中学生以下は入場無料。
※心身に障害のある方及び付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)

 詳しい情報へ 

展覧会 岡本太郎【東京都美術館】
2022年10月18日(火)~12月28日(水)

いまなお人々を惹きつけ、世代を超えて共感をひろげる岡本太郎。本展は、岡本芸術の特質と本質、さらにはその底流にある人間・岡本太郎を、展覧会場の空間体験をとおして一人ひとりが感知する体感型の展覧会です。
岡本作品のほぼすべてを所蔵する川崎市岡本太郎美術館と岡本太郎記念館が主催者として参画し、最初期から晩年までの代表作・重要作を網羅します。両館の全面協力のもと、主要な代表作・重要作が勢ぞろいするほか、国内各地の美術館からの出品作品を加え、岡本芸術の全容に迫ります。

開催日時:2022年10月18日(火)~12月28日(水)
※休室日 月曜日
09:30~17:30
場 所:東京都美術館
料 金:
一般 1,900円
大学生・専門学校生 1,300円
65歳以上 1,400円
※本展は日時指定予約制です。詳細は展覧会公式サイトをご覧ください
※高校生以下は無料(日時指定予約が必要です)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)。直接会場入口にお越し下さい。
※いずれも証明できるものをご持参ください。

 詳しい情報へ 

創立150年記念事業「150年後の国宝展―ワタシの宝物、ミライの宝物」【国立科学博物館・本館】
2022年11月2日(水)~ 2023年1月29日(日)

現代を生きるわたしたちが、もうだれも生きていないかもしれない150年後、西暦2172年の東京国立博物館。そのとき、国宝には、どんなモノがあるのでしょうか。本展は、東京国立博物館創立150年を記念し、今から150年後の西暦2172年に伝え残していきたい国宝候補を、その背景のストーリーと共に展示する展示イベントです。
本展では、わたしたち一人ひとりが大切にしてきた宝物を広く募集いたします。 また、わたしたちの生活に新しい価値観を与えてきた企業の150年後の国宝候補も展示します。
みんなで一緒に未来の国宝候補を考えることで、これまで文化財にふれる機会の少なかった人や、東京国立博物館に来たことのない人にも、その魅力を感じていただくことができる新しい機会を創出します。

開催日時:2022年11月2日(水)~ 2023年1月29日(日)
※休館日 月曜日
(※ただし、2023年1月3日(火)は開館)
09:30~17:00
(会期中の金曜・土曜は21:00まで開催)
場 所:東京国立博物館 表慶館(上野公園)
料 金:
無料
東京国立博物館総合文化展観覧券、または開催中の東京国立博物館の特別展観覧券(観覧当日に限る)でご覧いただけます。

 詳しい情報へ 
下町風俗資料館

古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みを再現するとともに、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、さらに季節やそれに応じた年中行事に関連するものなど、さまざまな資料を展示しています。

こども土曜塾

今年度のこども土曜塾は、
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、
実施しておりません。

街頭紙芝居実演
  
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から実施を見合わせています。

 公式HP 
旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂は、旧東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)の校舎施設として明治23年に創建され、昭和62年に上野の山に移築・保存されました。
日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定されており、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがあります。
一般公開を行っているほか、コンサート等も開催しています。

 公式HP 

Translate »