イベント情報

国立西洋美術館開館60周年記念
ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代【国立西洋美術館・本館】
2019年2月19日(火)~2019年5月19日(日)

国立西洋美術館本館の開館60周年を記念して、本館を設計した設計した20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ展が開催されます。若きル・コルビュジエが故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。

開催日時:2019年2月19日(火)~2019年5月19日(日)
09:30~17:30
毎週金・土曜日:9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
場 所:国立西洋美術館・本館
料 金:
一 般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:800円
※中学以下無料

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

「特別展」国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅【東京国立博物館・平成館】
2019年3月26日(火)~2019年6月2日(日)

東寺(教王護国寺)は平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として建立されました。唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り真言密教の根本道場としました。空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いています。その名品の数々が展示されます。2023年には真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。

開催日時:2019年3月26日(火)~2019年6月2日(日)
09:30~17:00
毎週金・土曜日:9:30~21:00(入室は閉室の30分前まで)
場 所:東京国立博物館・平成館
料 金:
一 般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:900円
※中学以下無料

※詳しくは下記ホームページでご確認ください。

 詳しい情報へ 

「特別展」 奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド【東京都美術館・企画展示室】
2019年2月9日(土)~4月7日(日)

1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示となっています。豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信します。

開催日時:2019年2月9日(土)~4月7日(日)
09:30~17:30
金曜日、3月23日(土)、30日(土)、4月6日(土)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
場 所:東京都美術館・企画展示室
料 金:
一 般:1,600円
大学生・専門学校生:1,300円
高校生:800円
65歳以上:1,000円
※中学以下無料

 詳しい情報へ 
下町風俗資料館

古き良き江戸の風情をとどめる大正時代の東京・下町の街並みを再現するとともに、台東区を中心とした下町地域にゆかりの資料、生活道具や玩具、さらに季節やそれに応じた年中行事に関連するものなど、さまざまな資料を展示しています。

こども土曜塾
第4土曜日 午前の部・10:30~11:30

※初めて参加する人は、開始時間10分前に来館してください。

街頭紙芝居実演
第1日曜日 13:00~/14:00~/15:00~
スズキスズ氏による街頭紙芝居の実演

 公式HP 
旧東京音楽学校奏楽堂

旧東京音楽学校奏楽堂は、旧東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)の校舎施設として明治23年に創建され、昭和62年に上野の山に移築・保存されました。
日本最古の木造の洋式音楽ホールとして国重要文化財に指定されており、2階のホールには、昭和3年に徳川頼貞候から寄贈を受けたパイプオルガンがあります。
一般公開を行っているほか、コンサート等も開催しています。
平成30年11月2日(金)からリニューアルオープンしました。

 公式HP 

Translate »